周りの受験生が予備校に通っていると、自分も通わないと不合格になるんじゃないかと焦ってしまう人もいるでしょう。 でも、予備校には通った方がいいのでしょうか? 予備校は専門的に大学受験対策をしてくれるところではありますが、予備校に通った人がみんな志望校に合格できるわけではありません。 予備校は通った方がいい人と通うとかえって逆効果になってしまう人がいますから、自分がどっちなのかを見極めることが大切です。 例えば、予備校にさえ通っていればなんとかなると思って、惰性のようにして予備校に通い、能動的に授業を受けているような人は不合格になってしまう可能性が高いでしょう。 みんなが通っているから通う、みんなが受けているから講座を受けるという態度では、予備校に通っていてもあまり成果があがりません。 自分で学習カリキュラムを立てて、自分には何がどれだけ必要なのか、そのためには、予備校をどう利用するのがベストなのかを慎重に考える人なら、予備校に無駄なお金を支払わなくて済みます。 予備校のいいお客さんになってしまわないためにも、受験勉強は人任せにしないで、自分で真剣に考えるようにしてください。